FC2ブログ

松島温泉 乙女の湯(栃木県さくら市)

大田原での食事の前に行った温泉。

宇都宮市からさくら市へ。
ここも前から行ってみたかった温泉。

写真撮影禁止のため写真なし。

すっかり暗くなる。秋の日が落ちるのは早い。

16時から入浴料金が安くなるのでちょうどいいな。
着いたのは18時くらい。

10月からは料金改定で金額あがります。
私が行ったときは16時から610円。

料金を払ってロッカーキーを受け取りお風呂へ。
脱衣所にある洗面台にはドライヤーもありました。

写真もなく、ちょっと時間がたってしまったため記憶があやふやな部分もあります。

シャワーもあるけど、シャワーはほどんど機能しないと考えましょう。
シャワーから出てくるのは温泉ですが、ほぼほぼシャワーとして使えるほど出ません。

タイミングが良ければ出るときもありますが。
カランの蛇口ほうから出して桶にためて使います。

つるっつる。にゅるにゅる。いいお湯。

石鹸を溶かしたらしいボディソープ兼シャンプーがあります。

HPっぽいところを見ると露天風呂もあります。
あったから行ったとは思うんだけど。あまり覚えてない。

お湯はすごくいい。
にゅるにゅるです。
温度は少しぬるめ。
やっぱここお湯よかった。
機会があればまた行きたい。

大広間もあって食事もできるみたいです。

(2019.9.22 訪)

松島温泉 乙女の湯http://www2u.biglobe.ne.jp/~matuon/
栃木県さくら市松島900
TEL 028-682-2266
【営業時間】10:00~21:30(土曜日及び連休中日は30分延長)
【休業日】月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合営業)その他、1月、5月、8月の最終月曜日から代休で休ませていただききます。1月は月曜日から3日間、8月・12月は月曜日から5日間。 
駐車場 あり
松島温泉
ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2019-10-22(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小山思川温泉

栃木市近辺で温泉を探したら・・・・
どこもここもパッとしたいい温泉がない。
都市部だから?いやそんな都市部じゃないぞ。。

もう群馬まで行っちゃおうかとかいろいろ考えたけど
次の日帰るような感じになったのでとりあえずこの近辺で。。

いいところないし、高い。
考えた末小山市の小山思川温泉。
22時からだと600円になるらしい。
遅いなあ。
まあ仕方ない、移動してスーパーなどを見て時間調整しました。

写真禁止なので写真はなし。
券売機で券を買って渡します。

やっぱり22時に合わせて来る人もいたのですが、
シャワーはすぐ使えました。そこそこ混んでましたね。

浴槽は2つほどあって、一つは源泉風呂。ぬるめ。
もう一つは適温くらいの浴槽。
露天風呂もあり、サウナもあったんだかな。
壷風呂みたいなひとり専用風呂も露天にありました。

まずお湯に入って思ったのは。
塩素臭い。
ああ、もうだめだわ。
仕方ないのでつかりますけど。

源泉風呂にも入ってみたけど。
塩素臭い。。
あとになると壁、と思っていたところからお湯が流れて来るみたいだったので
そこのお湯に手を当てて(すくえるような感じじゃない)手元に持って来て匂いを嗅ぐと
塩素臭くない。あーもしかしてこれが源泉?
ぬるい。

お風呂から出て成分表ぽいのがあったので見てみると
源泉は28℃位。ぬるいんだね。

こういった場所では仕方ないだろうけど・・・塩素臭ぷんぷんでは・・・ね。
でも人が次々と来るし、
自分的にはなんでわざわざこんなところに入りに来るんだろう?
という気持ちでいっぱいでした。高いしねー。
自分的にはやむにやまれずなのでそういう人もいるのかもしれないけど。

(2019.9.21 訪)

小山思川温泉http://www.oyama-am.co.jp/omoigawa/
ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2019-10-12(Sat) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

喜連川早乙女温泉(栃木県)

実は長年行きたかった温泉。
ほんとに長年です。

今回思い付きに友人が乗ってくれて行けることになりました。
この辺りは行ってみたい温泉が結構多いんです。
こちらは日帰り入浴施設。

早乙女温泉
撮影禁止ということで入り口のみの写真です。

そうそう、入り口では猫を飼っています。
早乙女温泉
ねこ、たくさんいます。
触れなかったけど。

こちら入浴料金が結構お高め。
夕方17時以降は料金が安くなるのでその時間を狙っていくつもりでした。
こちらに行く前に立ち寄ったところで思いのほか
時間を取られてしまい(楽しく過ぎ去った時間でしたが)
温泉についたのは18時半過ぎ。
混んでたらいやだなあ~と思い、
フロントで料金を払うと、貴重品ロッカーそちらにありますのでご利用くださいと。
親切な案内。無料の貴重品ロッカーあるのはいいですね。

さて、脱衣所へ。
車が結構あるなと思っていたけど、行ってみるとそんなに混んでなさそう。
洗面所にはドライヤーもありました。

シャワーのお湯も温泉。
いいね!
私は好きです。
しょっぱい。塩分が多めだな。
髪にいいかはわからないけど、洗います。
いろんな人の口コミを見ると、
この温泉の匂い。油臭とあるけど、
私はこの匂いが好き。
久しぶりにたっぷり嗅いだ気がします。

ここに行く前に立ち寄った場所で、
地元の方があの温泉は硫黄だからと言ってたけど
硫黄の匂いよりも、この油臭と言われる匂いのほうが勝ってる。
あーいい匂い。
シャワーもこれなんて幸せ。
というか、シャワーのほうがより感じます。
お風呂に入っているときよりも。

お風呂は見た感じ乳白色っぽく見えます。
が、湯口から手にすくってみると透明。
塩分が多いから濁って見えるのかなあ。

シャワーは場所によって出のいいところと悪いところがあるみたい。
いったんとめるとまた水とお湯で調整し、いい温度を探さないといけないのでちょっと面倒。
シャンプーはなく、たしかDHCのボディソープが置いてありました。

つるつるするということでしたが、
それはあまり感じられませんでした。
そして、こちらの温泉は加水あり。
んでも、加水してあれだけしょっぱいなら。
源泉のままだと・・・疲れるだろうなあ~と思いました。
調整してお湯が入ってくるので湯口でも43℃前後くらい。
浴槽内は近いところで41℃位です。
入りやすい温度ですね。

ここは脱衣所にもお風呂の方にも時計があるので時間がわかりやすくていいです。
脱衣所から出ると、フロントの方が、
「お疲れ様でしたー」と声をかけてくれます。
食事もできる大広間的なところで休憩してもいいそうです。
親切だなあ。
そちらには水も置いてあってなおうれしい。
で、そちらの食堂?の食事メニューも意外にたくさんあってビックリ。
食べてる方もいました。
こちらのフロントの人はとても優しいですね。
自分的にはなかなか気に入りました。
翌日もしばらくはこの温泉の香りに包まれていました。笑

この後はスーパーをうろっとして買い物をし
道の駅で就寝しました。道の駅混んでたー。

(2019.7.13 訪)

喜連川早乙女温泉http://www.soutome-on.com/
栃木県さくら市早乙女2114
TEL 028-686-4126
営業時間 10:00~21:00(最終入場20:00)年末年始は変更の場合あり
休業日 木曜(祝日の場合は営業)
料金 全日 大人1050円 小人500円  毎日17:00以降 大人650円 小人250円
年末年始は料金の変更あり
駐車場 あり
早乙女温泉
ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2019-08-03(Sat) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小滝鉱泉 宿泊(食事編)@栃木県

お食事は18時半から。でしたが,準備が出来たからか結構早めに持ってきてくれました。
こちらのお宿もお部屋まで持ってきてくれます。

持ってきてくれたの18時10分過ぎくらいだったかな?
もう部屋でお酒を飲んでいたので問題なしですが。

最初は焼きたての手作り餃子。
ぎょうざ
あつあつ。おいしかったです。

こちらのお宿サービスでビールが1本付くのですが、
ビールはちょっと好みでないのでソフトドリンクに替えてもらいました。
ソフトドリンク

夕食

ごはん
夕食はこんな感じ。

川魚 いわな ?

ニジマスの刺身 湯葉
こちらはニジマスの刺身と湯葉。
ニジマスの刺身は柔らかく、まったく臭みがなくておいしい!
初めて食べましたね。おいしかった。

ぶり大根も味がちょうどよくおいしかったです。
ブリ大根
ぶりの厚みがうれしい。
ご飯もおいしかったです。
おなかいっぱい。

朝は7時半からと言われていたのですが、
朝食が来たのは8時近くでした。困るー^^;
待ってると風呂にも行けないし。。

朝食
普通においしかったです。
驚いたのはきんぴらごぼうのしゃきしゃき具合。

料理はおいしいのでいいのですが、いかんせん道路状況が悪い。
お風呂も夜中は入れないのはちょっと寂しいかな-。
せめて12時まで入れれば違うんですけど。

(2018.2.25 宿泊)

小滝鉱泉http://kotaki007.wixsite.com/kousenn
1泊2食付 1人 7,000円+入湯税100円
チェックイン 15時 チェックアウト10時
小滝鉱泉

ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2018-03-16(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

小滝鉱泉 宿泊(栃木県矢板)

那須でランチを終えてからとりあえずパン屋の下見と黒磯まで行ってみました。
買おうかなと思っていたのですが(買うとしたら翌日また行くつもりだった)
やっぱ高いな~。
他のところでもいろいろ買うしな。。(ベーグルたくさん買っちゃったし)
今回は見送りました。

後はスーパーをちょっとのぞいてみたり。
(あまり変わったものはなかったですね。)
ん?と思ったのは冷蔵する必要のないものが冷蔵ケースにおいてあることくらい。

大田原まで行って酒屋をのぞいてみたり。
して、この日の宿へ向かいました。
塩原温泉にしようかどうか迷ったんですが、
途中まで別のところへ立ち回る予定も入れていたので
矢板に宿を取りました。
結果、その予定は無くなってしまったのですけどね。

でもね、遠いんだここ。
途中から道路が悪いから。(砂利道)
アップダウンが激しいし、狭かったりするし。

なんとか宿に到着。
小滝
こちら、小滝。

この宿の名前になっています。
本日の宿、小滝鉱泉。
鉱泉なんですよ。
鉱泉って今まで1.2回くらいしか入ったことないかな?

この日の宿泊は2組だけのようでした。

小滝 部屋
部屋に案内して、お茶を入れてくれました。
手づくりまんじゅう
そして、ホカホカした手作りの黒糖まんじゅうが出てきました。
おいしかった。

部屋にはこたつ。
小滝鉱泉

小滝鉱泉
テレビは小さい。

タオルはバスタオルとフェイスタオル。
小滝鉱泉
貸しタオルタイプ。

部屋から小滝が見えました。

共同冷蔵庫
部屋を出てすぐ共同トイレと共同の冷蔵庫がありました。
冷蔵庫の脇の台に食事が終わったら食器を出しておきます。

共同トイレ
トイレはウォシュレット。

共同洗面台
共同の洗面所。ここにハブラシとかおいてありました。
洗面台の後ろ

館内はWi-Fiが使用でき快適。

お風呂
お部屋は2階でしたが、お風呂は1階。
お風呂は10時まで!
なにっ。ではそれまでにたくさん入らないと。

女風呂 脱衣所

女風呂 脱衣所
脱衣所。化粧品類はまあまあある。

シャワーも3台位?
女風呂 浴室 シャワー
シャンプーも2種類?3種類?くらいありました。

鉱泉なのでお湯は沸かしてあります。
これが結構こぽこぽと熱いものが浴槽内からでてきます。

そして浴槽全面にふたがしてあります。
小滝鉱泉
面倒なので自分が入る部分だけふたを開けてはいりました。
あれ、開けたとき撮ってないのかな。
茶色っぽいお湯でした。
でもね、鉄っぽいわけじゃない。香りもそんな感じじゃなかった。
色はついてるけどそんなに特徴がないかな。

最初入ったときはまあ42℃ほどの適温でしたが、その後入ったら
なんだか急激に熱くなっていて。
3回目に入ったとき湯温を改めて計ってみたら45℃!
宿側ではお湯の調整はしないんですね。

思えば、一番最初に入ったときは前に人が入っていて
水を入れてたのかも。
私、水を入れるという思考が欠落していました。
というか、よっぽどでない限り自分で加水するっていうことはしたくないんだよね。
ってことで45℃でもちゃぽんと入っていましたよ。

そんで夜は10時まででしたが、1日目6回くらい入ったかなー。
2日目は2回だったかなー。

実は2組しかいないんだったら極力、
他の方とはお風呂一緒になりたくなくて様子を伺いながら入ったので
朝、入るタイミングが難しかったんだよねー。

あ、ちなみに布団は隣の部屋に敷いてくれました。
電気敷布?だったかで温かかった。
でも布団はちょっと重めでした。

(2018.2.25 宿泊)

小滝鉱泉http://kotaki007.wixsite.com/kousenn
1泊2食付 1人 7,000円+入湯税100円
チェックイン 15時 チェックアウト10時
小滝鉱泉

ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2018-03-15(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

Copyright © ねこのて All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!