fc2ブログ

小砂温泉 ホテル美玉の湯 宿泊@食事編

食事の時間はチェックイン時に聞かれます。
なんとこちらはお部屋食のようです。

夜は18時半にお願いしました。
時間になるとお部屋に配膳の方が来て並べてくれました。
お品書きはなく、口頭で説明がありました。

夕食

ごはん お吸い物

お料理少なめプランなのでこれで全部です。

鮎塩焼き

鮎の塩焼き。

鮎甘露煮

鮎の甘露煮。

料理自体はかなり早めから準備している感じがうかがえていたので
分かっていましたが、塩焼きは冷たいです。

料理

冷たいコーンスープが付いていた。
寿司2貫。
春菊のあえ物。

すき焼肉

メインはすき焼き。
この肉はおいしかった。

量的にはちょうどいいかも。
特にこれがっていうおいしいものはなかったけどね。
普通です。

旅館の朝はなぜかお腹も減る。たくさん食べてるのに。

朝食は7時半からお願いしました。
1階の朝食会場へ。
テーブルではなくペタンと座るタイプの席。

朝食

朝食も普通な感じ。

朝食

ごぼうのサラダは量が結構あったのに、あまりおいしくなかった。
朝食にメンマも珍しいなと思った。

ベーコンエッグ

ベーコンエッグはバターオイルが敷かれていたのか
バターの香りがしておいしかった。
私のたまごは最初にくずれていて残念。

ごはん 味噌汁

ごはんは普通においしく、なんだかおかわりしてしまった。

(2023.11.23 宿泊)

1泊2食付き お料理少なめプラン 12,500円+入湯税130円@1名
2人分で25,260円、ここからじゃらんクーポンで―3,000円。

小砂温泉 ホテル美玉の湯https://mitamanoyu.com/
美玉の湯
ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキングブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2023-12-14(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

小砂温泉 ホテル美玉の湯 宿泊@施設編

11月のはじめも栃木に行きましたが、
再度栃木行き。今回は宿泊です。
じゃらんポイントの期限切れするものもあるし、
友人が24日休みだというのでどこか行きたいなと探しました。

ひれカツランチをした後、那須アウトレットを見て宿へ。

宿にはちょうどチェックインの時間に到着。

チェックインしている人がいたので少し待つ。
入口で靴を脱いで自分の名前が出ていたシューズボックスにしまいます。

ホテル館内はスリッパなしです。
部屋に靴下足袋みたいなのが置いてありました。

チェックインし、説明を受けて部屋に向かいます。
エレベーターあり。でしたが、2階だったので基本的には階段を使いました。

部屋は205号室。

入ってすぐ冷蔵庫あり。
冷蔵庫はうれしいことに結構でかめ。

部屋の冷蔵庫

このタイプだと持って行った保冷剤を余裕で冷やすことができていい。
冷水ポットも冷蔵庫の上にありました。

部屋の洗面台

部屋の洗面台にはハンドウォッシュとコップのみ。
ティッシュはここにしかなかったのでこれを部屋の方にもっていきました。

部屋のトイレ

トイレは普通にウォシュレット。

部屋には布団が敷いてありました。
この方がうれしい。

部屋

部屋

テーブル上のポットはお湯のポットでした。

お茶菓子

部屋のハンガーや浴衣など

リセッシュあり。
浴衣とタオルと歯ブラシ、バスタオルはこちらにありました。

さて、じゃ、お風呂に。

温泉入り口

結構廊下通路ところどころに消毒液があっていい。

女湯脱衣所

脱衣所はこんな感じでかごはない。

女湯洗面台

脱衣所の洗面台。
ドライヤーが1つ。ボックスティッシュあり。
シャワーキャップとくしはあるけどアメニティ類は何もない。
化粧水とか何かあるかと思ったんだけどなあ。
あるかなと思ってあまり持ってきてなかった。

女湯浴槽入り口

女湯 シャワー

シャワーのお湯も温泉使ってるのかな?
少しつるっとする感じがする。
シャンプー、リンス、ボディソープあり。

女湯

女湯は内湯1つのみ。
写真左側は寝湯として使えるように浅くなっている。

風呂

こっちが寝湯。

風呂

この風呂とつながっている。
ただ、ここ源泉かけ流し、と書いてあるけど、
循環併用なのかなあ~。
湯口からだけじゃなく、湯口の右下の方にふわーっと熱いお湯が出て来るところがある。
あと一番右はじに近いところにも同じ感じのものがある。
湯口からのは源泉で、循環したのが下の方から出て来るのかなーと、
思ってしまうよね。こう言う作りだと。

こちらはなぜか水の打たせ。

女湯 水打たせ

蛇口を回すと上から水が落ちてくる。
なぜ水なんだろう。何度か使ったけど。

成分表

成分表

にゅるっとする感じではないけど、つるっとする感じはあるね。
PH9、はなかなかアルカリなんだろうけど。
においなどはほぼないMT泉。
朝の9時まではずっと利用可能。
朝夜4回くらいずつ入ったかな。

部屋の水ポットは補充はないけど、フロントのわきに冷水とコップが置いてあるので、
そちらで水分補給できました。

(2023.11.23 宿泊)

1泊2食付き お料理少なめプラン 12,500円+入湯税130円@1名
2人分で25,260円、ここからじゃらんクーポンで―3,000円。

小砂温泉 ホテル美玉の湯https://mitamanoyu.com/
美玉の湯
ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2023-12-13(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

与一温泉で日帰り入浴@大田原市

宇都宮近辺で温泉を探したけど、これというものがなく。
夕方に宇都宮を離れ、1時間くらいの大田原市、与一温泉へ。
私は前に行ったことがあって、よかった印象だったので、ここでいいかと。

真っ暗だったのでこっちでいいのかと不安になるくらいの何もない道。

無事到着すると意外に車がたくさんある。

受付で現金で支払い。入浴料金は600円になっていました。

与一温泉

脱衣所にボックスティッシュとドライヤー2つあり。

100円リターン式コインロッカー。

シャワーのところにリンスインシャンプー、ボディソープあり。

内湯と露天風呂がある。
露天風呂は入ってきませんでした。

適温の温泉が、湯口からざばざば出てきます。

あれ、でも浴感が、、、前回いいと思ってたけどそれほどでもないなあ。。
もっとつるっとすると思ってたんだけど。

後で友人に聞くと、いいお湯だったよ、つるっとしたよ!
と言っていた。そうだった?

与一温泉

与一温泉

館内はWI-FIが使えて、食堂もあります。

夜は矢板の道の駅で就寝。
やっぱり結構車が多くて、寝ている夜中に近くにとめたらしい車の人が、
何度も何度も、なんでそんなに車のドアの開け閉めすることがあるのかというくらい
ばたんばたんとうるさく、外で話しているような笑い声とかが耳障りで
寝れませんでした。マナー悪い人がいると困るよね。。

(2023.11.3 訪)

関連記事
与一温泉で日帰り入浴」(2021.2.6up)

与一温泉https://yoichi-onsen.jp/
日帰り入浴料金 600円
詳しくは上記HPを
与一温泉
ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2023-11-29(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

板室温泉 山喜で日帰り入浴

ランチの後急いで向かったのは、板室温泉。
おもてなす手形で日帰り入浴できる「山喜」
日帰り入浴は予約が必要で、
たぶん、おもてなす手形での日帰り入浴しか受け付けてないと思う。
ここに入るだけでもおもてなす手形を買う価値がある。
と私は思ってるんだけど。

今回は13時前には到着することができました。

フロントには誰もいなかったので電話で呼ぶとすぐに来てくれました。

とても感じのいい接客。
前に来たときは接客がいいとは全く思った記憶がないけど、
今回受付けてくれたのは宿のご主人なのかな。
とても感じがよかったです。

写真は撮りましたが、前回撮った写真の方がきれいかも。

脱衣所

脱衣所。
アメニティも化粧水、乳液、綿棒、コットンあり。
ボックスティッシュ、ドライヤーあり。

脱衣所にトイレもあり、ウォシュレットでした。

脱衣かご

脱衣かご。

脱衣所 椅子 水

脱衣所の水といす。
前回と変わりないですね。

シャワー

大浴場のシャワー。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
石鹸、フェイスウォッシュ等もあります。
いいものが置いてありますね。

シャワーヘッドがでかいです。
仕切りがあるのもいいです。

大浴場 いす

大浴場

大浴場 別角度から

大浴場はこじんまりとしています。
板室温泉の特徴、縄が上から降ろしてあります。

大浴場 湯口

湯温はぬるめ。適温ですね。
40℃あるかないかってところでしょうか。
ゆっくり入っていられます。
が、のんびり入っていると結構汗が出てくる。
温まります。

ほんとにMT泉って感じでにおいも味もないです。

湯口から出てくるお湯は一定ではなくてざばざば流れてきたり、
少なくなったり。

露天風呂もこじんまりとしてる。

露天風呂

露天風呂湯口

露天風呂の湯口から出てくるお湯の量は一定。
露天風呂の方が少しだけ熱めのお湯が出てきます。
とはいっても手で全然触れる感じで、内湯よりは若干高いかなって感じ。
露天はぬるくなっちゃうからね。

ほんと贅沢な入浴タイム。
いいなー、やっぱり泊まってみたいなー。

成分表

帰りに若い従業員の方からも気を付けてお帰りくださいとの
お声がけがあり、接客いいんだなーと思いました。

(2022.3.26 訪)

関連記事
板室温泉 山喜で日帰り入浴」(2020.7.28up)

温泉旅館 山喜http://yamaki-onsen.com/
栃木県那須塩原市板室844
TEL 0287-69-0011
ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキングブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2022-04-06(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

矢板温泉 城の湯やすらぎの里@矢板市

だいぶ大昔に来たような記憶はある。
ほとんど覚えてないけど。

おもて那須手形で無料で入浴できるので行ってみました。

ちょっと1時間ほど時間のロスがあったので遅くなったけど、
もうお風呂入っていった方がいいと思って。

結構駐車場に車がいっぱい。最初とめることができませんでした。

人がたくさんなので写真はないです。

リンスインシャンプーとボディソープがあったかな。
通常だと入浴料金は500円のようです。

休憩所もあり、休んでいる人もたくさんいたので、
思ったほど混みこみではなかったですが。

脱衣所の洗面所にはドライヤーが3つあり。

脱衣所はすべてコインリターン式のロッカーでした。

浴槽は大きい。
でも塩素臭がする。

露天風呂は岩風呂。
屋根はほとんどないので雨が降るとダメなタイプ。

とりあえず冷えてた体を温めてすぐ出ました。

こういうところだと仕方ないですね。
塩素臭。
城の湯やすらぎの里

(2021.11.27 訪)

矢板温泉 城の湯やすらぎの里http://www.yaita-onsen-shironoyu.jp/
城の湯やすらぎの里
ブログランキング・にほんブログ村へ食べログ グルメブログランキングブログ掲示板山形県

温泉・栃木(旅館の食事等含む) | 2021-12-25(Sat) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ねこのて All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!