FC2ブログ

湯岐温泉 山形屋旅館宿泊@施設編

前から気になっていた温泉。
しかし。福島県という隣の県なのにやたら遠いんです。
日帰りで行くにはあれだしなあ・・・といって、泊りで行っても近隣に見どころはない。
などの理由で行く機会がなかったというか、なかなか人を誘っていきにくい。
そして、湯温がぬるいのでこの時期じゃあ寒いんじゃないかと。

いろいろ問題はあったけど、なんとか友人を誘っていくことができました。
感謝。

そんなわけで、米沢を7時半に出て、途中早目のランチでラーメンを食べ。
ちょっと寄り道をしましたが、ほんと道沿いにあるところにちょっと買い物に行っただけ。
宿のチェックインが13時からだったのでそれに合わせて宿に到着。
途中通行止めのところがあったりで、
ほんと宿の前の駐車場に着いたのはだいたい3分くらい前。
駐車場に車を入れると、宿のご主人が「日帰りですか?」と出てきてくれました。

宿泊の旨を告げると、もうチェックイン大丈夫ですとのこと。
ほぼ時間通りですしね。

お風呂の場所や、混浴風呂の女性タイム、洗面所、トイレの説明を受けお部屋へ。
部屋のほうには広く、6畳2部屋分?
DSC08479.jpg

DSC08482.jpg
1部屋分にすでにのばせば敷ける状態にして布団がたたんでありました。
空気清浄機あり。

DSC08476.jpg
部屋にはこたつもありました。
でもエアコン入れたらこたつは付けずに済みましたね。
WI-FIも使えますので助かります。

お茶セットとお菓子。
DSC08477.jpg

DSC08483.jpg
浴衣、丹前、バスタオル、タオル、歯ブラシはこの中にありました。

DSC08493.jpg
階段を上ってすぐ右の201号室。

DSC08485.jpg
階段を上ったところに共用の冷蔵庫があります。
DSC08486.jpg
ありがたく使わせてもらいました。
他に2~3組くらい宿泊していたと思うのですが、
他の方は使っている形跡がなかったな。

DSC08487.jpg
トイレと洗面所も共用です。
洗面所は瞬間湯沸かし器がありお湯が使えてありがたい。
DSC08492.jpg

DSC08488.jpg
トイレはその洗面所の隣にあり、男女共用です。
DSC08489.jpg  
DSC08490.jpg
洋式はウォシュレットでした。
幸い誰かと一緒になることはなかったです。

廊下や外の声は聞こえやすいですが、夜になれば静かでした。

13時にチェックインしたのですが、すぐお風呂に行こうとしたら、貸切風呂は使用中。
混浴岩風呂の方も男性が入っていたので入りにくく。
しばらく待ちました。
14時から15時までは混浴岩風呂の女性タイムなので行きました。
DSC08495.jpg

やっぱりそれを狙ってなのか、4名ほど入ってきました。
DSC08501.jpg

DSC08528.jpg
入ってすぐ、ロッカーみたいなのがありました。

DSC08529.jpg
脱衣所はこんな感じ。

シャワーは1つのみ。
DSC08530.jpg
シャワーから出るお湯も温泉だそうです。
ボディソープとリンスインシャンプー、洗顔フォームあり。
お湯の出はそんなに強くないですね。

すぐ近くに浴槽があります。
岩風呂よりちょっと高い位置にあるのは上がり湯なのかな?
と思って入りませんでした。
お湯がそちらから流れてきます。

DSC08533.jpg
湯温は39℃くらい。
浴槽内も39℃くらいまでです。

入っていた人の話によると岩のほうに深いところがあって、そこからお湯も出てくるそう。
ほぉ。そうなのか。
とそちらに行ってみたら、岩のところが少し深くて、
そこからお湯がわいてきています。

39℃ってぬるいよなあーと思っていましたが、
意外に適温でぬるいな―とはあまり思いませんでした。
じっくりゆっくり浸かれるのでこれはいいですね~。
40分くらいゆっくり浸かって出ました。
温まりますね。
ただ、PH9というつるつる感はあまり感じず。
いや、つるっとするかな?という感じはするんですけどね。
あれ、こんなもんかーと思いました。
ゆっくり入れるからいいけど。

部屋に戻って一休みして、夕食前にも入りたい。
ということで貸切風呂へ行ってみました。
DSC08503.jpg

DSC08504.jpg
こちらの貸切風呂、札が「使用中」となっているときは、
外にあるボードに部屋番号を書く、
そうすると貸切風呂から出た人が宿の人に出たことを伝え、
部屋に貸切風呂が空いたことを伝える。。

というシステムらしいのですが、それがうまくいかずに。
書いていたけど伝えられませんでした。
なのでずーっと待っていて様子を見に行ったら「空き」になってました。

まあ、待ったのはその時くらいで、そのあとは行くといつも空いていました。

DSC08505.jpg
貸切風呂なので2人入るといっぱいなサイズ。
脱衣所もそんな感じ。でも小さいながらも脱衣所に電気ヒーターもありました。
貸切風呂利用中は、「使用中」にして中から鍵をかけて使用できます。

DSC08525.jpg
貸切風呂もシャワーは一つ。
こちらもボディソープ・リンスインシャンプー・洗顔フォームがあります。

DSC08506.jpg
こちらは浴槽内に見えるホース、ここから源泉が注ぎ込まれています。
DSC08527.jpg
この浴槽の大きさで、入るとざぶーっとお湯が流れ出す。
入って愕然。こっちのほうがお湯がいい。
つるつる感が違う。
鮮度がいいからか?
それがわかってからこちらしか入りませんでした。
しかも一人でゆっくり入れるし。
快適。
加温できるシステムもありましたが、それは使わなくても全然大丈夫。

んー。いいお湯。のんびりゆっくりじんわり汗がかける。

成分表を見ると何か突出した成分がある感じではないですね。
アル単って感じ。アルカリが強めだからそれで十分か。

混浴風呂に入ったのは最初の1回だけ。あとはこちらに入りました。
いいお湯でした。遠いだけに名残惜しかった、朝は3回入浴。
合計で8回くらいは入りました。
贅沢な時間でした。

(2019.11.24 宿泊)

1泊2食付 湯治プラン(現金プラン)
8,250円+入湯税150円=8,400円/1人あたり
クーポン500円利用しました。

湯岐温泉 山形屋旅館http://yujimata-yamagataya.jp/
福島県東白川郡塙町大字湯岐字湯岐31
TEL:0247-43-1370
ブログランキング・にほんブログ村へ  食べログ グルメブログランキング ブログ掲示板山形県

温泉・福島(旅館の食事等含) | 2019-12-13(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ねこのて All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!